低用量ピルの副作用。不正出血・マーベロン・トリキュラー・メリアン、低用量ピルの値段と通販

低用量ピルと不正出血

低用量ピルの副作用に、不正出血があります。女性では一番不安になる副作用のひとつでしょう。不正出血は破綻出血とも呼ばれており、おりものシートで間に合う程度の点状出血から、ナプキンを必要とする出血まで様々です。ですが通常、低用量ピルの不正出血は、低用量ピルを服用し始めてから見られ、その後2〜3ヶ月ほどで収まってくるようです。


しかし、2〜3ヶ月たっても出血が止まらない・出血の量が増えてくる・痛みがひどくなってくる場合には、低用量ピル以外の原因が考えられます。例えば、膣内に傷があるとか、子宮の疾病による可能性もあります。不正出血の量が増えたり、痛みがひどくなってきた場合は我慢せず、必ず病院を受診するようにしましょう


不正出血の症状がひどくなったり痛みが出てくる場合、服用中の低用量ピルが体質に合わないことが考えられます。他の疾病の原因がなければ、低用量ピルの種類を変更することで症状が改善することがあります。必ず、医師の診察を受けて、指示された通りに服用するようにしましょう。